Sturdy Style

We define the relation between human and life stage.

Home Works No.194
ガレージライフを満喫する郊外の二世帯住宅

No. 194

K-House

ガレージライフを満喫する郊外の二世帯住宅

所在地
埼玉県 春日部市
施工
2011年
工法
木造2階建て
敷地面積
1706.59m2
延床面積
191.7m2

私たちを悩ませる与条件のうち、重要なウェイトを占める「敷地」に関して、とても恵まれている条件下で今回の住まいづくりが始まった。

そのぶん設計が易しくなる。と思いがちであるが、そんな簡単ではないのが住まいである。様々な答えは出せる。
しかし住まいてや周辺環境にとって本当の最適解はどれだ?
逆に非常に難しい与条件を抱えて設計は始まった。

そんな悩める私にヒントを与えてくれたのはやはり人であり、既にそこにある風景(建物や畑や木々)であった。
住まいてのお母様から昔のお話を伺ったり。
解体される運命の現住まいの佇まいであったり。
もちろん、お打合せ中の住まいてとの会話の中であったり。

誤解を恐れず思うには、私にとっての設計とは直截的に創造(クリエイト)する行為ではないと思っている。様々な与条件を整理し、再構築する。どちらかと言えば編集者的才覚が必要ではないかと。

そんな思いで設計し完成したこの住まい、住まいてや周辺環境に自然に馴染むような、おおらかで遊び心ある住まいになったかと思います。

木製のガレージシャッター映える白い外観

水平と垂直で構成されたシンプルな外観は、白い塗り壁と木製のガレージシャッターのコントラストが美しい。

ガレージと連続したスタディスペース

中庭を兼ねた長いスタディスペースは、心地よい風が通り抜ける『風の通り道』にもなっています。
ガレージに居るご主人と家族が繋がるスペースでもあります。

吹抜けが開放的なダイニングルーム

ガレージを見渡せる広いダイニングキッチン。
吹き抜けが開放感も生み出しています。
キッチンは家族とのコミュニケーションもスムーズなオープン設計です。

天井を抑えた落ち着きのあるリビングルーム

縁側に隣接して戸外の心地よさを気軽に感じられるリビングルーム。天井にベニアを貼り暖かみを演出しています。

来客に対応できる土間カウンター

別棟の親世帯用キッチンも土間に面しています。
来客にも対応できるカウンターキッチンを採用。
気軽に腰掛けられるスツールを置き、来客との団欒のスペースになります。

子世帯と緩やかに繋がるLDK

直線的な配列で家事導線がスムーズ。
LDKのすべてが中庭に面しているため室内は一日中明るい。高さを抑えた窓越しに子世帯の気配が感じられます。
視線は合わず、互いの気配だけは感じることが出来る、二世帯ならではの配慮がなされています。

秘密基地のような特大ガレージ

キッチンとエントランス土間を介して中外両方からアプローチできるご主人の秘密基地。
そしてこだわりの木製ガレージシャッター。

pagetop