WORKS

377 H-House

「空を切り取る」

大きなテラスや中庭のある家

[ 所在地 ] 埼玉県越谷市

[ 竣 工 ] 2014年

[ 工 法 ] 木造2階建て

[ 敷地面積 ] 219.56m²

[ 延床面積 ] 127.10m²

家には外界の厳しい環境から身を守る為のシェルターとしての要素があります。
雨風をしのぎ、外敵から身を守る。住宅の根源的な要素です。
現代では家の状況も周りの環境も大きく変化していますがこの部分は変わらず、
今後も変わっていくことはないでしょう。
ただ人には自然へのふれあい、あこがれも併せ持っています。
只々頑丈にその家に住まう人を守ればよいだけではありません。
その家の中にいても四季が感じられたり、雨の音を楽しんだり、
窓から見える木々の彩の移り変わりを楽しんだり…。
そんなある意味相反する要素を併せ持つことこそに
家つくりの1つの答えがあると感じています。
今回の住まいにはそんなエッセンスを包含しました。

back