WORKS

164 T-House

『void』

外観デザインが印象的な住まい

[ 所在地 ] 埼玉県北本市

[ 竣 工 ] 2010年

[ 工 法 ] 木造2階建て

[ 敷地面積 ] 196.20m²

[ 延床面積 ] 122.55m²

リビングとダイニングを明確に分け、それぞれを完全な“吹抜け空間(ヴォイド)”に。
するとそれぞれ隣り合う空間の数は倍(2層分)となる。

次に外部も内部も均一に隣り合う空間に“開口(ヴォイド)”を設ける。

建物は縦横に立体的に“ヴォイド”で繋がる。

そこで起きる建築的な体験を通して『建築にできることは何か』、
その糸口を見つけていただければ幸いです。

back