WORKS

351 H-House

街を内包する家

大きなテラスや中庭のある家 趣味を満喫する家

[ 所在地 ] 埼玉県草加市

[ 竣 工 ] 2014年

[ 工 法 ] 木造2階建て

[ 敷地面積 ] 175.88m²

[ 延床面積 ] 142.21m²

駅からまっすぐ続く大通りから 一本路地を入ったところに佇む二世帯住宅。
  
三世代が暮らす住まいにおいて、 互いの距離の取り方は最も重要な課題である。
  
そこで住宅の個室を部屋単位に解体・再構築し、 いくつかの独立した建物とした。 建物同士の隙間は[路地裏]の様な性格を持ち、 やがて世代を超えた対話を誘発する場所がうまれる。

家の伝統、習慣、生活の知恵、その家族ならではの財産を 日常の中で親の世代から子や孫の世代に伝え、 その反対に若い世代との交流を通し新しい文化に触れる。

古き良き日本の風景を描く住宅は 家族というコミュニティをより強いものにする。

back