WORKS

122 K-House

双眼鏡

ガレージのある家

[ 所在地 ] 栃木県さくら市

[ 竣 工 ] 2007年

[ 工 法 ] 木造2階建て

[ 敷地面積 ] 382.94m²

[ 延床面積 ] 130.40m²

水田風景が眼下にひろがる計画敷地は高台に位置する。
車好きのオーナーのためのガレージとそれに付属する住宅が要望された。
双眼鏡を覗き込む行為に見立てた二つのトンネルをこの住まいは持っている。
ひとつは、生活ゾーンを収めた二層のボリュームと平屋建てのガレージに挟み込まれた敷地中央のオープンスペース。
もうひとつは、LDKが眺望に対し直交することで生み出される細長な室内空間である。
視線方向に奥行をもつトンネルを二つ横並びさせることで住まいは立体的に構成される双眼鏡と化す。
それは住まい手だけでは完結しない、近隣の住まいや行き交う人々を巻き込む中で初めて立ち上がるパブリックな視線を生み出す。
プライベートに偏りがちな個人住宅だからこそパブリックな視点を挿入することで生活の中に凛とした風通しが生じることを期待している。

back