WORKS

336 K-House

「DUMPLING」

自然素材への憧れとこだわり

[ 所在地 ] 埼玉県越谷市

[ 竣 工 ] 2014年

[ 工 法 ] 木造2階建て

[ 敷地面積 ] 72.61m²

[ 延床面積 ] 79.90m²

かつては茶屋が軒を連ねており、多くの旅人が集まり賑わったとされる道沿いにある「間口5m」「奥行き13m」の所謂「ウナギの寝床」が敷地の住宅。

将来は夢である「団子屋」をこの住まいの一部で始めたい。というのがお施主様のご要望でした。

敷地両側は建物が迫っており、唯一の「抜け」とされる南北を繋ぎ採光を確保するために、用途の異なる性格を持ったいくつもの「場」を連ね相互に許容し合う一本の長いワンルームとして計画しました。

店舗としての余白とこの特殊な敷地形状が持つ「奥」を感じられる内部構成にすることで細長い通路を進むにつれ次々とシーンが展開されて行くような楽しい住まいになりました。

back