Sturdy Style

We define the relation between human and life stage.

Home Polus Group

ポラスグループについて

ポラスグループは
住まいに関する事業を行う、
22社 約2500名からなる
企業グループです。

スターディ・スタイル一級建築士事務所は、ポラスグループ(株)中央住宅の一セクション。ポラスグループは1969年に設立された株式会社中央住宅を中核とする、住まいに関する事業を行う、22社 約2500名からなる企業グループ。2004年にポラス株式会社を統括会社とし、事業分野別に組織を再編した事業推進本部制に移行しています。
年間2500棟以上を供給するグループのスケールメリットはスターディ・スタイルの魅力の一つです。研究開発力や構造に関するノウハウ、共通の部材や設備機器を採用する事で実現するコストパフォーマンス、安心のアフターメンテナンス、22店舗を備える不動産ネットワークなどのグループ力を最大限に活用しています。
南越谷阿波踊りや各種メセナ活動の他、地域のスポーツ振興にも積極的で、2013年にはJリーグ『浦和レッズ』のトップパートナーとなっています。

POLUS GROUP INDUSTORY

ひとつの家を支えるたくさんのあんしん

グループの総合力で最高の満足を

スターディ・スタイルは、1969年の創業以来、新築住宅累計4万戸超の実績をもつポラスグループの一員です。
建材の仕入れ、加工から、設計・施工、アフターメンテナンスまで、あらゆる工程においてグループのネットワーク力を活かし、確かな品質に裏打ちされた安心の住宅を提供しています。

image
グループの総合力で最高の満足を
グループの総合力で最高の満足を

1969年創業のポラスグループ。直営施工体制、顧客第一主義で新築住宅累計4万戸以上の実績を誇ります。

不動産流通事業
不動産流通事業

幅広い事業展開を行うポラスグループ。
提携事業部によるバックアップ体制で、土地探しからベストなすまいづくりを提案。

グループの総合力で最高の満足を
グループの総合力で最高の満足を

国内3例目の「木材と鉄骨のハイブリッド工法」にてポラテック新社屋「ウッドスクエア」が2012年2月に竣工しました。鉄骨を木材の燃えしろで覆うハイブリッド部材を用いたこのビルは、延床面積6,600m2となり、先行2例を大きく上回る規模となります。ポラテックの技術力とスケールのシンボルです。

PRE-CUT FACTORY

ポラスの住宅を支える日本最大のプレカット工場

日本最大級の規模を誇るポラスのプレカット工場。
すべての木材加工の工程をコンピューター制御による機械で行ない、工期の短縮と大幅なコストダウンを実現。さらに高品質な家づくりが可能になりました。
また、オリジナルの最新機器を開発することにより、3次元曲線でもミリ単位の加工が実現。
これにより、スターディ・スタイルのすまいづくりはさらなる自由度を獲得しました。

image

THINK TANK

さらなる技術革新を目指す

ポラスグループが掲げる、徹底した「顧客第一主義」。
それは、いつまでも安心して住み続けられる、価値ある住宅の提供にあります。
そのため、ポラスでは常に独自の技術を磨き、研究開発を重ねることで、数多くのノウハウを確立。例えば耐力壁や剛床をはじめとする、先進の耐震技術の開発や、世界初の実大振動実験による強さの実証。
「ポラス暮し科学研究所」では構造・住環境・デザインの3つの専門分野から日夜研究が行なわれています。

ポラス暮し科学研究所
ポラス暮し科学研究所

構造、住環境、デザインの専門分野から住まいに関する研究を行います。1997年には、各種性能評価試験設備を備えた実験棟を建設しました。

世界初の実大振動実験
世界初の実大振動実験

世界初の実大振動実験を実施した結果、構造体に衝撃の影響が見られず、ポラスの高い耐震技術が公的に証明されました。

家造りに重要な大工の育成
家造りに重要な大工の育成

グループ各社・各部門でポラスの品質を支える「ポラス建築技術訓練校」を設立。
社員大工、独立大工をはじめ、プロフェッショナルを育成しています。

AFTER

すぐそばにある安心

サービス面では、地域に根ざした経営を基軸として、万一トラブルが発生してもすぐに対応できる範囲で業務を展開。豊富な土地情報の提供や、きめ細やかな定期点検・メンテナンス。
住まいのお悩みを解決するカスタマーセンターの設置など、お客様のそばで末永く暮らしを支えていきます。また、例年50万人以上で賑わう、『南越谷阿波踊り』の支援・推進もその取り組みの一環として行っています。

アフターメンテナンス
アフターメンテナンス

車ですぐに駆けつけるアフターメンテナンス課。常にお客さまのそばできめ細かいサービスを展開しています。

カスタマーセンター
カスタマーセンター

お客さまとの絆を結ぶカスタマーセンター。

各種メセナ活動
各種メセナ活動

地域に貢献する企業として、ポラスグループでは「南越谷阿波踊り」を支援・推進。地域の方々とともに地元越谷を盛り上げています。

POLUS GROUP STRUCTURE

耐震・構造・設計について、他社との違い

STRUCTURE

ポラスは全棟、構造計算を実施している数少ない企業

多くの木造2階建は、構造計算をせずに建物が建てられています。
しかし、ポラスは全棟、構造計算を実施している数少ない企業です。

そもそも構造計算とは?

建物を設計する際に、地震、台風、積雪などの自然の外力を受けた時の安全性を、計算によって確認するものです。
設計に必要な基礎の断面や配筋、柱や梁の大きさ、耐力壁の量や配置、接合部の必要強度などを計算しています。

なぜ構造計算を行うのか?

安全・安心な建物を設計できるからです。
ポラスグループでは、従来の計算に加えて、構造計算が難しいとされる吹抜けやスキップフロア、斜め壁などの計算を可能とするため、
3次元の立体的な構造検討を可能にするオリジナル計算ソフトを研究開発し計算しています。

すべては「お客さまの安心」のために。
一棟一棟の構造計算でより「強い」住まいを創造します。

image

WOOD INNOVATOR NEXT

あなたが暮らす家は“あの地震”に
耐えられますか?

ポラスでは設計段階で過去に起きた大地震の揺れを3Dで再現し、
地震の揺れが建物にどう影響するかを検証する
独自の倒壊シミュレーション「ウッド・イノベーターNEXT」を活用しています。
モデルハウスではなく、あなたが暮らす家を揺らすことで、
地震の力の伝わり方や間取りの弱い部分を見抜き、
建てる前に最適な耐震補強のご提案が可能になりました。

image
「ウッド・イノベーターNEXT」の特徴
大地震のデータを元に、
あなたの家を揺らします

過去に実際に発生した大地震の揺れを忠実に再現することで、あなたがこれから暮らす家がどのように揺れて壊れていくか、その目で確かめることができます。

補強が必要な部分を
明確に割り出します

地震発生時に荷重が集中する箇所を精密に分析。地震時に損傷し、強度を失う箇所が明確にわかることで、本当に必要な箇所のみに耐震補強を加えることができます。

地震発生時の家の揺れを
3Dで体感できます

地震発生時の家の挙動を3Dでリアルに再現。内部・外部・全方位と様々なアングルから確認できますので、実際に地震に遭遇した時の家の中の危険な場所がはっきり分かります。

pagetop