春日部市K邸 《終了》

[  開 催 日  ]2月15日(土)・16日(日)
[  開催時間  ]13:00〜17:00
[  開催場所  ]埼玉県春日部市


閑静な住宅街に建つモノクロの外観が印象的なK邸。
前面道路側に開いた大きな窓も、少しだけ窪ませ色を変えることで印象が大分変わります。!

シャープな外観とは対照的に、内観は温かみのあるデザイン。
室内は段差を効果的に使ったプランニングになっています。

ダイニングはリビングより少し小上がりに。
その隣のキッチンカウンターは更に少し上げ、畳を敷くことで居酒屋の様な雰囲気になっています。
無垢の一枚板のカウンターもお酒が美味しく飲めそうですね!!

居室と水周りがまとまった二階にも小上がりの和室が一つ。!

『小上がり』がよく出てきますが、これはとても便利な空間の区切り方なので、
是非参考にしてみて欲しいポイントです。

『空間を繋げたいけど多目的に使いたい!』そんな時はこの手法がとても良く合います。

現地にて小上がりの使い方を体感していただければと思います!

川越市M邸【OB宅】 《終了》

[  開 催 日  ]2月16日(日)※15日(土)は悪天候の為、中止となりました。
[  開催時間  ]13:00〜17:00
[  開催場所  ]埼玉県川越市



外観に細長く入ったスリットが印象的なM邸。

内部はLDKと中庭を一体に扱いながらも、
キッチンから洗面、パントリーと続く家事エリアに段差を付け、
体感的に別空間として仕上げています。

和室は水廻りエリアの奥に配置することで、離れのような扱いになっています。

視覚的な空間の繋がりと体感的なエリア分けを、
是非、現地で確認してみてください!

荒川区Y邸 《終了》

[  開 催 日  ]2月8日(土)・9日(日)・11日(火)

[  開催時間  ]13:00〜17:00
[  開催場所  ]東京都荒川区



都内密集地の北道路に面したY邸。

二階に浮いた白い箱は北側のテラス。
白い外壁は南側から差し込む光を反射し、室内に柔らかい灯りを届けます。
直射日光ではなく、ほどよく明るくしたい時にはとても有効な設計手法になります。

テラスに隣接するのは旅館の広縁のようなセカンドリビング。
家族の集まる場所を、シーンごとに分けられる間取りとなっています。

広いテラスで子供達が遊ぶのを見ながら夫婦は広縁でのんびりと・・・。
そんなシーンが思い浮かべられる空間です。

そして赤みが入った木材で統一されたカウンターや造作材は、
深い味わいのある雰囲気を生みだしています。

住まい手に合わせた収納計画も見所のひとつです!

是非、現地にて広縁のある北側テラスを体験してみてください!!

※こちらは予約制となります。内覧希望の方は、下記までお電話ください。
TEL:03-3842-6720

越谷市K邸 《終了》

[  開 催 日  ]2月8日(土)・9日(日)
[  開催時間  ]13:00〜17:00
[  開催場所  ]埼玉県越谷市



間口が狭く細長い、約22坪の狭小地に建つK邸。
左右を建物に挟まれ、設計難易度のとても高い条件です。

それでも心地よい、住まい手らしい家ができるのが注文住宅です。

エントランスを入ると細長さを活かした長い土間空間。
長い土間の終わりには大きな窓を設け、アイストップに植栽を置くことで、
開放的で気持ちよい空間が生まれました。

階段を上がった二階も細長さをそのままに和室とLDKがひと繋がりの空間に。
両隣を建物に挟まれながらも明るく開放的な空間の秘密は、天井の高さとその繋げ方にあります。

部屋は区切られながらも天井では全てが繋がり、建物の両端の窓が常に光を室内に採り込みます。

天井の高さをとるために現しになった梁も、手摺や床、照明などとデザインコードを合わせることで、
どこか古民家的な雰囲気を生みだすプラスの要素に変換されています。

快適で住みやすい空間を作るための工夫がそのまま建物のデザインコードとなり雰囲気をつくりだす。

これも提案力、設計力があってこそ。

是非、現地にて細長い狭小地の可能性を体感してみてください!

荒川区Y邸 《終了》

[  開 催 日  ]1月25日(土)・26日(日)・2月1日(土)・2日(日)
[  開催時間  ]13:00〜17:00
[  開催場所  ]東京都荒川区



都内密集地の北道路に面したY邸。

二階に浮いた白い箱は北側のテラス。
白い外壁は南側から差し込む光を反射し、室内に柔らかい灯りを届けます。
直射日光ではなく、ほどよく明るくしたい時にはとても有効な設計手法になります。

テラスに隣接するのは旅館の広縁のようなセカンドリビング。
家族の集まる場所を、シーンごとに分けられる間取りとなっています。

広いテラスで子供達が遊ぶのを見ながら夫婦は広縁でのんびりと・・・。
そんなシーンが思い浮かべられる空間です。

そして赤みが入った木材で統一されたカウンターや造作材は、
深い味わいのある雰囲気を生みだしています。

住まい手に合わせた収納計画も見所のひとつです!

是非、現地にて広縁のある北側テラスを体験してみてください!

流山市I邸 《終了》

[  開 催 日  ]1月25日(土)・26日(日)
[  開催時間  ]13:00〜18:00
[  開催場所  ]千葉県流山市



まだ新しい住宅地の一角に建つ、窓のない外観が印象的なI邸。

北道路に面しており、人通りに対して閉じ、プライベートテラスで室内に光を落とす、
スターディ・スタイルらしいプランニング。

特筆すべきは収納量!
少し斜めにズラした壁で土間収納スペースを生みだすなど、
収納確保の技術がとても高いゾーニング。
もちろんガラスを背景に鉄骨階段を美しく魅せるなどの意匠も完備。
そしてこの階段部分が1Fに太陽の光を届ける役割を担っています。

二階リビングはテラスを囲うようなL型の配置で、とても広々とした印象。
多目的なテラスはプライバシーに配慮した家族が気がねなく楽しめるスペースです。

是非、現地にて北道路の可能性を体感してみてください!

※こちらは予約制となります。内覧希望の方は、下記までお電話ください。
TEL:04-7142-7570

越谷市K邸 《終了》

[  開 催 日  ]1月25日(土)・26日(日)
[  開催時間  ]13:00〜17:00
[  開催場所  ]埼玉県越谷市



間口が狭く細長い、約22坪の狭小地に建つK邸。
左右を建物に挟まれ、設計難易度のとても高い条件です。

それでも心地よい、住まい手らしい家ができるのが注文住宅です。

エントランスを入ると細長さを活かした長い土間空間。
長い土間の終わりには大きな窓を設け、アイストップに植栽を置くことで、
開放的で気持ちよい空間が生まれました。

階段を上がった二階も細長さをそのままに和室とLDKがひと繋がりの空間に。
両隣を建物に挟まれながらも明るく開放的な空間の秘密は、天井の高さとその繋げ方にあります。

部屋は区切られながらも天井では全てが繋がり、建物の両端の窓が常に光を室内に採り込みます。

天井の高さをとるために現しになった梁も、手摺や床、照明などとデザインコードを合わせることで、
どこか古民家的な雰囲気を生みだすプラスの要素に変換されています。

快適で住みやすい空間を作るための工夫がそのまま建物のデザインコードとなり雰囲気をつくりだす。

これも提案力、設計力があってこそ。

是非、現地にて細長い狭小地の可能性を体感してみてください!

川越市M邸【OB宅】 《終了》

[  開 催 日  ]1月25日(土)・26日(日)
[  開催時間  ]13:00〜17:00
[  開催場所  ]埼玉県川越市



外観に細長く入ったスリットが印象的なM邸。

内部はLDKと中庭を一体に扱いながらも、
キッチンから洗面、パントリーと続く家事エリアに段差を付け、
体感的に別空間として仕上げています。

和室は水廻りエリアの奥に配置することで、離れのような扱いになっています。

視覚的な空間の繋がりと体感的なエリア分けを、
是非、現地で確認してみてください!

江戸川区S邸【OB宅】 《終了》

[  開 催 日  ]1月25日(土)・26日(日)
[  開催時間  ]13:00〜17:00
[  開催場所  ]東京都江戸川区



敷地面積23坪の都内・狭小・三階建てのオープンハウスです。

都心部に居住地を置くなら何かを諦める。
そんなイメージを覆す住宅が完成しました!

設計者が語るキーワードは「斜めの壁」

斜めに引かれた線は建物に空間的な豊かさを生み出しています。
各居室のレイアウトの柔軟性、空間の拡がり、立体的な空間構成と。

更に、居住空間の他に、防音室と客間も完備!

是非、現地にて欲張りな狭小三階建てを体感してみてください。

美しい鉄骨階段、床材の使い分けも見所のひとつです!

流山市Y邸 《終了》

[  開 催 日  ]1月18日(土)・19日(日)
[  開催時間  ]13:00〜18:00
[  開催場所  ]千葉県流山市



北道路の角地に建つ3色の箱が重なったような外観のY邸。

白色の箱は北東の道路に。
灰色の箱は北西の道路にそれぞれ角度を合わせて街並みに調和しています。

街並みの調和だけでなく、ハの字に開かれた箱の配置にはもう一つ役目があります。
それはゾーニングの明確化です。

ハの字に開くことでその間を廊下などの共用部に。

灰色の箱はガレージと和室、アウトドアリビング、
白色の箱はLDKと家族の居室をそれぞれ配置しています。

明確に分けられたゾーンはそのまま快適なライフスタイルを生んでくれるはずです。

街並みとの調和、明確なゾーニング、そして外観のデザイン。

どれか一つに特化するのではなく、
一つの設計操作が全てと繋がり良質な空間を生むのは、設計力があるからこそ。

デザインとは「人間の行為をより良い形で適えるための計画」のことを言います。

是非、現地でデザインの妙を体感してみてください!
  • 白と灰色のボリュームがハの字に配置され、間を黒いボリュームが埋める外観。
  • シンプルな箱型の外観とは対照的に暖かみのある色味の内観。
  • ダイニングテーブルは丸形でコンパクトに。
  • 灰色のガレージ棟には「離れ」のような和室。
  • 灰色のガレージ棟の上は大きなテラスに。

290件中 271-280 を表示[先頭][前][次][最後]