東京都足立区 K邸

日程 12/16(土)・12/17(日)
時間 13:00 ~ 17:00
場所 東京都足立区


◆要予約、詳細お問い合わせは048-987-2011まで


立体パズル

敷地は、北千住にほど近い商店街の只中に位置し、
南側隣地に中層マンションを抱える北側接道であり、
間口5m、面積17坪、、、、中々の条件である。

これらの条件から、
必然的に形状は“≒敷地”になり、
光を得るため縦に伸び、
西の回り込み採光及び北の間接光を積極的に活用する他ないと考えた。

また、難しい条件であるからこそ、
住居内の“各必要諸室機能”と“ゾーニング・振り分け”の整理という
建築計画上最も初歩的でプリミティブな“ひも解き”がすべてであった。
結果として、最も気持ちのよい居場所を求めるLDKは3Fになり、
将来的に開く(かも)というカフェに利用するスペースとしては動線上1Fに、
その他残ったスペースが全て2Fへと。

結果、クライアントのパーソナリティが圧縮された構築体である
”立体パズル”が完成した。

埼玉県さいたま市 S邸《終了》

日程 12/2(土)12/3(日)
時間 13:00~17:00
※開催期間中、直接現地までお越し下さい
場所 埼玉県さいたま市

◆詳細・お問い合わせは048-987-2011まで

◆楽しく・安全にオープンハウスをご見学して頂くために 注意事項をお読みください


overflowing wall


ただ空間を間仕切る為の壁。

この壁に

・アクアリウム
・飾り棚
・収納
・電源
・照明
・扉

様々な機能を持たせPOLUSのプレカット技術を用い構造躯体を兼ねた建築と家具の中間の様な壁を計画しました。

間仕切りとしてではなく壁に寄り添う暮らしの提案です。

現地にて体験していただけたら幸いです。

千葉県野田市 S邸《終了》

日程 11/25(土)11/26(日)
時間 13:00~17:00
場所 千葉県野田市

◆詳細・お問い合わせは048-987-2011まで

◆楽しく・安全にオープンハウスをご見学して頂くために 注意事項をお読みください


「自分らしさ」

都会の喧騒から離れ自分らしい住まいを手に入れよう。
誰しも好きな「もの」があり、使えば使う程味に変わります。
色褪せたジーンズ、磨かれた革靴、
時を重ねる度、代え難いものになります。
誰しも好きな「場」があり、その雰囲気は心を和ませてくれます。
柔らかな光、窓からの景色、爽やかな風、
暖炉の火を眺め、時がゆっくり流れます。
インダストリアルな雰囲気を好む住まい手、グレー色に変色した
足場材を内装に用い、好きな場所で好きなものに囲まれ、
「自分らしさ」が形となり、時と共により深まって行く事でしょう。

埼玉県川口市 T邸《終了》

日程 11月23日(木)
時間 10:00 ~ 17:00
場所 埼玉県川口市

◆詳細・お問い合わせは048-987-2011まで

◆楽しく・安全にオープンハウスをご見学して頂くために 注意事項をお読みください


rasi- sa

家は自己表現の場と言えるだろう。
自分らしさ、とは何か?

普段の生活においても、髪型や服装、持ち物により
その人らしさを、垣間見れるものである。

rasi-sa(らしさ)=identity(アイデンテイティ)に導かれ
創出された造形はその人らしさの極みと言えるでしょう。

この家も、そんな自分らしさをひとつひとつ紡ぎ
創出した空間となっています。

自分らしさ、とは何か?
この家らしさ、は何か?
そんな事を感じに、現地へ足を運んでみて頂けると幸いです

埼玉県白岡市 S邸《終了》

日程 11月11日(土)・12日(日)
時間 10:00 ~ 17:00
場所 埼玉県白岡市

◆詳細・お問い合わせは048-987-2011まで

◆楽しく・安全にオープンハウスをご見学して頂くために 注意事項をお読みください


humeur


南側にはドックランのあるアパート、周りは住宅に囲まれ開放的な空間にすると人の目が気になる。
そんな敷地条件からS様との家づくりがスタートしました。

外部からの視線をカットしつつ明るさを確保できるように南側にデッキテラス、
吹き抜けのあるリビングを中心に水廻りと個室を配置することでプライベートは確保しつつ
外から見るだけでは分からない明るい空間が完成しました。

humeurとは気分の意味。

「今日は天気が良いから外で過ごそう」

「雨が降っているからここで過ごそう」

本を読みながら、ゆっくりお茶を飲みながら…。
元気がある時も、少し体調の悪い日も。

その時の気分によって居場所を変えれる家。

自分にとっての気分の良い空間、探してみませんか。

埼玉県川口市 T邸《終了》

日程 11月3日(金)・4日(土)・5日(日)
時間 10:00 ~ 17:00
場所 埼玉県川口市

◆詳細・お問い合わせは048-987-2011まで

◆楽しく・安全にオープンハウスをご見学して頂くために 注意事項をお読みください


rasi- sa

家は自己表現の場と言えるだろう。
自分らしさ、とは何か?

普段の生活においても、髪型や服装、持ち物により
その人らしさを、垣間見れるものである。

rasi-sa(らしさ)=identity(アイデンテイティ)に導かれ
創出された造形はその人らしさの極みと言えるでしょう。

この家も、そんな自分らしさをひとつひとつ紡ぎ
創出した空間となっています。

自分らしさ、とは何か?
この家らしさ、は何か?
そんな事を感じに、現地へ足を運んでみて頂けると幸いです

埼玉県草加市 H邸《終了》

日程 10月28日(土)・29日(日)
時間 13:00 ~ 17:00
場所 埼玉県草加市

◆詳細・お問い合わせは048-987-2011まで

◆楽しく・安全にオープンハウスをご見学して頂くために 注意事項をお読みください


街を内包する家

駅からまっすぐ続く大通りから
一本路地を入ったところに佇む二世帯住宅。

三世代が暮らす住まいにおいて、
互いの距離の取り方は最も重要な課題である。

そこで住宅の個室を部屋単位に解体・再構築し、
いくつかの独立した建物とした。
建物同士の隙間は[路地裏]の様な性格を持ち、
やがて世代を超えた対話を誘発する場所がうまれる。

家の伝統、習慣、生活の知恵、その家族ならではの財産を
日常の中で親の世代から子や孫の世代に伝え、
その反対に若い世代との交流を通し新しい文化に触れる。

古き良き日本の風景を描く住宅は
家族というコミュニティをより強いものにする。

東京都足立区 A邸《終了》

日程 10月14日(土)・15日(日)
時間 13:00 ~ 17:00
場所 東京都足立区


◆詳細・お問い合わせは048-987-2011まで

◆楽しく・安全にオープンハウスをご見学して頂くために 注意事項をお読みください



「光の気配」


周囲を住宅に囲まれた旗竿状の敷地にこの建物は建つ。

限られた敷地の中で十分な採光を確保する為に、
水平方向ではなく、垂直方向に建物の要素を考えた。

内部には一階から三階まで吹き抜けと大きな窓を配置し、
そこに階段を計画することで、薄明光線のような光を感じることができる。

外部には中庭とバルコニーを積層させ連続的に配置し、
そこに植物を計画することで、木漏れ日を感じることができる。

これら光の気配が生活の背景となり、住まい手の人生に彩りを与える。

と締めたいところだが、、、

この住宅は住まい手のご夫婦、基本設計者、詳細設計者、
4人のメンバーが住まい手と設計者の垣根を越え、
住宅に対する思いを形にした建物である。

知識や経験があっても住宅に対する思いが無ければ
愛され続ける建物にはならない。
その思いを住まい手に気付かせてもらったプロジェクトでもある。

初めて設計を任された時のように。

埼玉県さいたま市 S邸《終了》

日程 10月7日(土)・8日(日)・9日(月祝)
時間 10:00 ~ 17:00
場所 埼玉県さいたま市大宮区


◆詳細・お問い合わせは048-987-2011まで

◆楽しく・安全にオープンハウスをご見学して頂くために 注意事項をお読みください


「の・き」

軒は意匠的な要素ではなく、機能的な要素である

玄関まわりに軒があると、出入りの際に雨など気にせず動作ができる
自転車などの雨避けになる

バルコニ-に軒があると、外出を気にせず洗濯物など干すこともできる
軒があると、季節による最適な太陽光を室内へ導くこともできる

昔から日本家屋には普通に存在した「軒」
機能だけでなく、水平ラインの美しさ、陰影による美しさも感じさせる

「機能」+「美しい」=「機能的融美」といえる

この建物には軒がある
決して軒を見て頂きたい訳ではありませんが、名脇役ともいえる要素
のあるこの建物を体感して頂き、家つくりのヒントになれば幸いです

東京都練馬区 M邸《終了》

日程 9/30(土)、10/1(日)
時間
【予約制】10:00~13:00
【予約不要】13:00~17:00
※予約制時間帯は前日までにご予約のうえ、現地へお越し下さい。
予約不要時間帯は現地まで直接お越し下さい、係の者が対応致します。

場所 東京都練馬区

◆予約・お問い合わせは048-987-2011まで

◆楽しく・安全にオープンハウスをご見学して頂くために 注意事項をお読みください


【M邸】

或いは路地や街路の様な、通常であれば街の中に構成される要素が、
一つの住宅の中に現れても良いと思います。

敷地は閑静な住宅街の一画にあります。
都内にしては緑が多く残り、比較的ゆとりのある街並みだと思いました。

自然光の入る明るいリビング、コーヒーを楽しめるテラス、木の素材感をいかしたインテリア。
それらの場所を、家族の集まる快適な空間にしたいというのがお施主様のご要望でした。

明るさや広さを考えた場合、その物理的な量では無く、
周りとの比較や空間体験の量でコントロールする事は可能だと考えます。

意図的に光の量を落とした路地の様な廊下。
壁や床をタイルで仕上げた街路の様なエントランス空間。
路地を抜けた先にある、木の素材感をいかしたLDK。

空間に統一感を与えて一律にするのではなく、
差を付ける事でそれぞれの特徴をはっきりとさせ、
或いは街並みを歩いている様な感覚がうまれたら良いと思います。

移動する事で少しずつ変わっていく景色やデザインを、現地にて体感して頂けたらと思います。

292件中 1-10 を表示[先頭][次][最後]